タグ:ヒラマサ? ( 2 ) タグの人気記事

男女群島釣行記三日目

男女群島釣行記二日目の続き

『大物ファイトのツケ』
朝の4時頃、船のエンジン音で目が覚める。
昨夜は結局、リーダー組んでたら12時を越えてしまい、急いで寝ないとっと思いながらもウィスキーをクピクピ飲んでいた。
なんか、停泊している船で寝るのが初めての体験で、楽しくて楽しくて、ついつい深酒をしてしまった。
しかし、今日はもう始まっている、寝不足?、3時間も寝れば十分じゃんね。
眠い目を擦ってボケーっとしてると、船のエンジン音は大きくなり、揺れが大きくなる。
「もう出発してる、急がないと」
と起き上がろうとする意思に反し、身体が動かない。
「あれ?」
身体が・・・、動かない。
昨日の一日中続けたキャスト、恐らく主にファイトで身体を酷使した反動が、これ、全身筋肉痛。
特に胸鎖乳突筋、僧帽筋、広背筋、上腕二頭筋、同じく三頭筋、あと大腿部の各筋、もうバッキバキ。
行く前に、主に大物とのファイトを想定したトレーニングをしばらくしていたにも関わらず。
シミュレーションはあくまでも仮想的空間で行われるもので、実フィールドとは似て非なるものであるということを改めて感じた。
でも、やってなかったらもっとひどかったね、きっと。
ビキビキで動くたびに全身から聞こえる筋肉の悲鳴、これはとっても・・・心地よい。
多分、この釣りをしてて、そういう風に感じる人って多いんだろうね、ね!
そんな重い身体を引きずるようにして荷物をまとめデッキに出た。

外に出るとすでに、磯に船をつけて弁当を配っている最中であった。
その時に、磯替わりを希望する人は荷物全部持って船に上がる。
中には、デカイのに切られ過ぎて、もう切りあげるおっちゃんも居た。
「もうやめやめ、あんなデカイのばっか掛かったら話にならん」
流石は男女、釣り人の心を意図も簡単にへし折ってくれる、だからこそ燃える人が多いのだろう。
基本的に釣った魚はドンゴロスに入れて気化熱で冷やしておき、このように船が回って来たら船に一度上がって自分のクーラーボックスに入れる。
魚が入ったクーラーボックスには、後で船長さんポーターさんが氷を入れる。
ここまで、自分は魚をキープしていないので、もちろんクーラーボックスは空っぽで軽い。

あじかは1泊2日(実質2泊3日)便しかないので、2泊3日をする場合は次の日の便に乗せてもらうことになる。
荷物は後で乗せ換えてもらうので、やっぱり名前は必須。
自分の場合は、クーラーボックス(笑)なので、荷物全部持って上磯することになる。
従って、ヘリオスの船長さんポーターさんとはここまで、ホント色々とお世話になりました。
昨夜の話では、どこへ乗せようねぇって言ってたけれども、あの、テレビ(正確にはYoutube)で見た『帆立岩』に乗せてもらうことに。
やばいやばいやばい、ワクワクが収まらない、あの磯に乗れる、やった、やった。
船は女島周囲の磯で弁当を配り終わった後、帆立へと面舵?取り舵?暗くてどっち向いてるかよく分からんけど、とにかくいっぱい!
a0252304_036262.jpg






『釣りロマンで見たあの磯へ』
事前に唯一名前を知っていた磯、帆立岩に上陸。
釣りロマンで男女群島の放映を知り、その日楽しみにしていたのだが、普段テレビを見る習慣の無い自分はうっかり見逃してしまった。
その時の絶望感といったら・・・もう(´・ω・`)
その後、Youtubeでアップされているのを見つけ、狂喜乱舞、何度も、何度も食い入るように見たあの帆立に、今自分は立っている(`・ω・´)
その風貌は、画面で見たまんま、ポツンと切り立った磯が立ちはばかっている、まっ暗だけどね。
目線の高さに打ちつけられているアンカーボルトにロープを結び、オーシャンベルトと繋ぐ、落ちたら引っ張ってくれる人いないしね。
上磯する前にもらった弁当を暗いうちに食べようと思い、レトルトカレーを湯煎する。
と、その時、ヘッドランプのバンドが外れた。
暗い中でなかなか取りつけられない、どうしよう・・・。
焦るこたぁない、もう一つのヘッドランプを装着して、照らせばバンドを付けれるじゃない。
予備を持ってくるのが、電池切れや紛失のためだと思っていたら、思わぬところに伏兵が隠れていた。
まぁ、今考えたら、iPhoneのライトで照らしながらでも別によかったじゃんねって思うけど、その時は一瞬絶望感・安堵感に打ちひしがれていた。
ってか、交換でいいじゃんね、でも、もう一個のはデルタピークで重いんだもん。
そんな茶番を独りで繰り広げながら、湯がグツグツと音を立て始めたので、レトルトカレーを取りだし、さっそく弁当に掛けてみる。
「(*゚∀゚)=3」
これは、旨い!
100均で買ったレトルトだったけど、今まで食べたどんな名店のカレーライスよりも旨い。
船長さんが炊いたご飯も旨い。
これが『男女deカレー』、か。
ガツガツとカレーをかき込み、コーヒーを入れる、すする、まさに至福のひととき。

そうこうしているうちに、ぼんやりと辺りがうす明るくなってきたので、早速プラグをキャスト。
面白いように流されていく、1m/s程度、時速に直すとだいたい4km/h、人が歩く速さ。
100m流し、引く、150m流し、引く、200m流し、引く。
色々と流してみて、これだと思う動きを見せるルアーでしばらくやる、リップスライド。
100m以上流して、引くこと数回、ピックアップ直前、足元で、
「ボゴン!」
デカイ水柱と共に、ヘミングェイを通じてその凶暴な衝撃が、手に、腕に、身体全身に伝わる。
来た、マサだ。
そう考えるより先に、身体が反応した、合わせを入れる。
それから、すぐさまグリップエンドをオーシャンベルトに当て、戦闘態勢に。
今度は負けられn・・・フッ。
フックアウト。
クソォーーーーヽ(`Д´)ノ
一気に急上昇した心拍数、高鳴った鼓動、息切れして肩で呼吸する身体は、戦う準備は万端だったんだけどねって自分に言っている様だった。
悔しい、ハァハァ。
回収したルアーのフックには、何故だかフジツボが貫通している。
このフジツボがあれだけの突っ込みを見せる訳もなく、まさかマサがフジツボに食われた訳でもあるはずないない。
もしかしたら、これが深くフッキングするのを阻止していたのか・・・などと考えながら、外すのに手こずりながら、ポイッと。
それからしばらくトップでやるも、散ってしまったのか、警戒心が高まったのか、当たりを得られずにミュートスに持ち替えた。

今回ミュートス・ソルティガはジグ専用、昨日の教訓でドラグは10kg程度に締めあげる。
これ以上締めたら折れちゃう、気がする。
100gで、主にボトムを攻める。
が、しかし、底になかなか着かない、1分、2分、3分・・・。
怖くなって、途中からワンピッチ、ツーピッチ。
グリップエンドを最初からオーシャンベルトに当て、おっさんジャークスタイルで。
いち早く全力で浮かせる為に、最初から臨戦態勢で。
数投、四方にキャスト。
2時の方向から、またもやピックアップ直前、足元から10m程度離れラインが刺さっている位置で、もさっとしたアタリ。
それから、瞬時にティップが絞り込まれ、ついにはバット部分が折れそうなほど曲がる。
ググーッと強烈な引き、渾身の合わせを2度3度入れ、戦闘開始。
ひたすら潜るのに対し、ひたすらゴリ巻く。
ミュートスが有り得ないほど曲がる、微かにドラグも出る、しかし、そんなことはお構いなくただ、ひたすら、巻く。
例え折れても構わない、こいつを仕留められれば。
ガンガン巻き上げる。
あと少し・・・。
すると、もう姿が見えそうなところで急激に突っ込む。
マズい、このままだと足元の岩場に摺る。
どうする、耐えるか、しかしもう昨日の轍は踏みたくない、と思い、ベールフリー・・・、そのまま、フックアウト。
膝から崩れ落ちる。
「くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」

ヘミングウェイに持ち変え、ローデッド。
フルキャストした先、チョンチョンっと2~3度アクションさせると水柱が立つも掛からず。
その後はまったく音沙汰無し。
潮の流れが逆になった

昼飯に豚骨ラーメン。
弁当出ないのは今日と明日の昼。
食料があまり気味なので替え玉で食す。
足元を見ると、クロが泳いでるのが見える。
赤い小魚も沢山、なんだろう、サビキを落とすも釣れず、なんも釣れない、悔しいのう悔しいのう。
昼の見回りでブラックカイザー、帆立岩での続行意思を表明。
「次来る時(夕方)は荷物まとめとかんといかんですからね~」了解です。
ジャケットのチャックを締めようとしたら、Rivalleyって書いてあるタグが取れた。
その後、手を変え品を変え、色々試すがアタリ無し。
夕方近く、潮の流れも今朝と同じ方向に戻る。
風波も立ち、雰囲気十分、気合十分だったのだが、音沙汰無く、タイムアップ。
船に荷物を乗せ、「船に泊まらせてください」。
スピーカーから「了解~」と聞こえた。
a0252304_0371366.jpg

a0252304_0371629.jpg

a0252304_0371860.jpg

a0252304_0372218.jpg

a0252304_0372576.jpg

a0252304_037305.jpg

a0252304_0374110.jpg

a0252304_0374774.jpg

a0252304_0375681.jpg






『2回目の船泊』
この船には韓国の人が多数。
ライフジャケットの後ろにハングル語で何やら書かれており、その下に「Field tester」の表記。
別の人は、2~3kgは入っていそうなキムチの大きな袋を手に、上磯。
長い夜のお伴なんですね。
そうやって、自分以外の全員を夜釣りポジションに磯替え&弁当を渡し、昨日と同じワンドに入る。
錨を下ろし、停泊。
違う船、寝床は適当に空いてる所へ。
横たわると一瞬にして意識を失った。
目を覚ますと、「ご飯できとるよ~」と船長さん、すいませんありがとうございます。
本日の晩御飯は、スキ焼き的な料理と、昨日と同じくクロの刺身、クロの白子、魚入った味噌汁、○ー○、○本○(○)
特に、クロの白子、初めて食べたけど、メチャウマ。
「好き嫌い分かれるけどね~」
ニンニクみじん切りしたやつを乗せてワサビ醤油で食べるのが通?これが旨かった。

んで、今日も馬場さんの話。
馬場さんがいい人だって言う話や、高橋さんの釣ったカツオが美味かったっていう話など。
カイザーの船長さん、高橋さんが乗船したときにポーターとして乗っていたらしく、間近で釣るのを見ていた模様。
帰港後、高橋さんは次の収録に直行しなければならなかったみたいで、魚は全部置いてったって。
で、カイザーの船長さんはカツオをもらって、帰って食べたみたいなんだけど、あんな旨いカツオ食った事なかったと。
身を切ると包丁が脂でギトギトに、醤油に付けると皿に広がる脂、もう旨いのなんのっていう話でこの日の夜は更けていった。
あー、あと、マグロは大体、沖赤瀬や鮫瀬、帆立岩で釣れてるって話も聞いた。
今日居た韓国の人達はツアーで来てるんだって。
そういえば、一人荷物を率先して積み下ろしてたり、韓国の人がいる磯に弁当渡す時、通訳やってたっけ。
あの人が添乗員的な感じなのね、最後降りるときキムチ持ってったけど。笑
他にも色々と話をお聞きしたけど、それは伏せとこっ。

「明日はどこに乗せようかねぇ~」、「え、イクラ送ればいい磯乗せてもらえるんですか?!笑」
特に鮫瀬に乗せる事について、色々としがらみが多いことを聞いた。
その中でも、船長さんは、「こう、若い人をね、鮫に乗せた時のあの喜び様、あれはホントいいよね、若い人に頑張ってもらいたいよね」。
この船長さん、アツい。
そうこう話しているうちにポーターさんは寝床へ。
未開封だった○○○もほとんど空。
この船長さん、強い。
自分そろそろ限界っす、お休みなさいませ。
リーダーを組み直し、就寝。
明日は泣いても笑っても最後、頑張らなきゃ。
a0252304_0405937.jpg

a0252304_041265.jpg

a0252304_041748.jpg







男女群島釣行記四日目
に続きます。











[PR]
by sakanatsurinisshi | 2013-03-09 00:46 | 遠征

男女群島釣行記二日目

男女群島釣行記一日目の続き


『本気の磯泊』
日付を跨いだ頃、寒くて目を覚ます。
比較的風が遮られる岩の隙間を選んだつもりだったが、若干風向きが変わったのか、身体をすり抜けていく風が増えた気がする。
寒い、寒い、寒い、寒い。
気温はというと、マイナスにはなっていないけど、1℃は切る程度。
このままでは寝つけず、貴重な朝マヅメを寝ぼけ眼で迎えてしまうことになる。
死活問題の睡眠、なんとか体温の低下を防がねば、で念のためで用意していたイマージェンシーシュラフを取りだす。
緊急時の外気の遮断、体温維持を図る代物、コンパクトに収まるので今回荷物に紛れ込ませられた。
こいつに包まる、初めて使ったけど、これは、あるのと無いのとじゃ全く違う。
自分はまさに睡眠を取れるか取れないかの窮地に立っていたのだが、これのお陰でなんとか眠れそう。
銀紙に包まっている感覚、ペラッペラなのに侮りがたし。
今まで磯で夜を明かしたことはあったけど、ちゃんと夜に寝ようとした事は無かったっけなぁ・・・zzz

しかし、なぜ夜釣りをしないのにこんな思いをしてまで磯に泊まるかというと、理由は瀬渡しの時刻にある。
予定としては、初日は17時頃着。
二日目の見回り・瀬替わりは8時、12時、17時(弁当配給)。
三日目の見回り・瀬替わりは4時(弁当配給)、8時(一泊二日の場合はここで終了)、12時、17時(弁当配給)。
四日目の見回り・瀬替わりは4時(弁当配給)、8時(二泊三日の場合はここで終了)。
仮に、初日船泊まりした場合、二日目に竿を出せるのは8時から、朝の貴重な2~3時間を無駄にしてしまうため、何が何でも初日は磯に泊まらなくてはもったいない。
そもそも、尾長グレは夜がメインらしいので、この時期に船に泊まろうなんて人は皆無なのだけども。
自分は、荷物を少しでも減らすために、ギリッギリ一夜を過ごす事が出来る程度の準備を今回はした。
本気であれば、銀マット、シュラフやシュラフカバー、雨天時の為にブルーシートなども揃える必要がある。
a0252304_1433957.jpg






『男女で迎えた朝マヅメ』
5時前に起床、寒くて何度か目を覚ましはしたけど、なんとか朝まで眠る事が出来た。
銀袋と段ボールがなければキツかった。
凍える身体を温めるためにコーヒーを入れる。
うまい、冷え切った身体に浸み渡る、生きた心地がした。
ボケーっとまだ暗い海を眺めながらコーヒーをすする。
パンとバナナを食す。
一息ついたので、釣り開始。
明るくなるまでミノーで辺りを散策。
サラシを打ったり、流れのど真ん中に流してみたりしていると、生命反応有り。
なんか釣れた、けど、なんていう魚だか分からない。
これも30cm程度、白地に赤い斑点がある魚、目が大きい、食べたら美味しそうだけど、よくわからないのでリリース。
ようやく足場を確認出来る程度に明るくなったので、トッププラグを引く、がしかし、特に反応は得られず8時を迎える。
a0252304_1434320.jpg

a0252304_1434514.jpg






『海の使者到来』
8時過ぎ、荷物をまとめて船に乗り込む。
ポーターさん「どうでしたー」、なんか良く分からないですけど魚釣れましたー。
その時に、今朝釣った魚の名前を教えてもらったけどド忘れした。
「じゃ、次はここで降りて下さい」
二の平瀬?だっけな、違うかも、女島の結構大きめの沖磯だけど、グルっと一周できるとこ。
風が強いので、出来る個所は限られる。
色々とやってみるが、相変わらず反応を得る事が出来ない、力不足。
しばらくやってると、なにやらプカプカ浮かぶ生命らしき物体を発見。
目を凝らす、あれは・・・、もしやウミガメ?!
明らかに亀、泳いでる、水面から頭を出したり引っこめたり、紛いも無く、あれは亀。
あれが出ると釣れないって誰かが言ってた気がする。
そもそも、掛かったらマズいから通り過ぎるのを待つ。
写真を撮ろうと試みるが、レンズを向けると、頭を水中に入れてしまう。
釣りを再開すると、またひょこって、プカプカ、くっそう。
結局、「これがウミガメだ!」っていう写真は取れずじまいで昼を迎えてしまった。
何やってるんだか・・・。
a0252304_1462628.jpg

a0252304_146317.jpg






『男女群島最強の磯に上陸』
船長さん&ポーターさんの「どうでしたかー」が突き刺さる。
せっかくいい磯に乗せてもらってるのに、満足な反応を得る事が出来ていない自分に苛立ちさえ覚える。
そんな自分の心境を感じ取り、それを不憫に思ったのか、「じゃ、男女群島最強の磯に乗せちゃるー」っと船長さん。
「ここに居なかったら男女に魚おらんわ」という話を聞きながら下ろしてもらった磯は、女島から遠く離れてポツリと孤立している、サメ瀬の『大サメ』。
雰囲気がヤバい。
潮がガンガン流れているのが見てわかる。
サラシも出来まくり。
急いで準備をして、トッププラグをキャスト。
一投目から何か違和感、今、何か触ったよね。
二投目、ガボッ、出た、暴れる、がしかし、フックアウト。
いる、間違いなくここには元気なやつが、いるいるいる。
その後、数回水柱が立つが、しっかり乗せる事が出来ず、歯がゆい思いを繰り返す、悔しい、悔しい。

ロッドを持ち替え、ジグで底を叩く、105g。
底は取れるが、1分近くかかる、そんなに飛ばせてないんだけども。
風に乗ってジグをふっ飛ばしたら、数えるのが不安になるほど底に着かない。
風が強い、潮流もすごい、何より、足元ドン深。
ワンピッチで探る、立ち位置変え、キャスト、ワンピッチ、キャスト、ワンピッチ・・・掛かっ
たー!と思った瞬間、物凄い突っ込み、何これ、すげー引く。
こちらも負けじと、力いっぱい合わせを入れ、応戦。
ドラグがジリジリ出ていく、あ、マズイマズイ、潜られる、ズリズリっとリーダーが岩に摺る感覚、ブチッ。
やられた・・・。
100lbのリーダーが意図も簡単にブチ切られてしまった、これが・・・マサか・・・。
ここにきて初めてミュートス100HHが軟弱に思えてしまった。
もっと速く巻かないと、もっと早く浮かせないと、もっと・・・。
5kgに設定したドラグ、これじゃ緩すぎる。
その後、再度ジグで探るが、何度か違和感を感じるもフッキングには至らず仕舞い。

日も傾き、辺りはオレンジ色に染まり掛かっている。
もう負けるわけにはいかない。
ヘミングウェイ88TUNAでプラグを投げ倒す、ラインはPE6号、リーダー100lb。
立ち位置が高い、8mのランディングシャフトでギリギリ海面に届く程度。
鬼殺、小刻みに引くこと数投、デカい水柱が立つ、ゴボッ!
来た!ヤバい突っ込み、でも、このロッドなら・・・。
しかし、5kgよりキツくしたドラグがジリジリ鳴る、これでも緩いの?!、急いでさらに締めた。
ヤバい方向へ向かってる、足元にある岩、やばばばばば。
ベールをフリーにするか、強引に抜きあげるか、よし、強引に行こう!
ブチン!!
「っっっっっっ!!!!」、声にならない叫び。
その後、悔しくて叫んだ、くそーーーって、隣の小サメに乗ってる人に聞こえたかな。
しばしの間、放心状態。
時間がもったいないので、急いでリーダーを組み、再度プラグで攻める。
しかし、音沙汰無く、17時、お迎え到着、さよなら大サメ、また来る日まで。
a0252304_148081.jpg

a0252304_148422.jpg

a0252304_148896.jpg

a0252304_148368.jpg

a0252304_1484550.jpg

a0252304_1484955.jpg



『船に泊まっていいですか』
「いいですよ~」、船泊なんてある意味もったいないことする人いないので、ちょっと面喰った顔で。
しかし、自分にとっては、明日満足のいく釣りをするためにも、今日の疲れを癒すことが最優先。
船は波風のない女島のワンドで錨を下ろす。
停泊準備の一連の動作を、クーラーボックスに座り、ただただ見つめていた。
夕日が眩しい。
エンジンを止め、ポーターさんは魚釣り、船長さんは晩御飯の支度にとりかかる。
自分は、しばらく真っ赤に染まった夕日を眺めながら、今日あった出来事を反芻する。
この時疲れ過ぎていたのか悔しさはまったくなく、ただ、すごい体験をしたもんだと思うだけ。
今日一日ひたすらキャストし、ファイトし、歩くのもままならない状況だったが、重い体を引きずってなんとか船内に入り、寝床に横たわる。
身体がボロボロ、両手足がダルイ、ダンボールも船に積んでからどっかいっちゃったし、疲れ過ぎててこのまま磯泊まりはホント無理だった、野たれ死んでしまう。
満身創痍、辛うじて意識を保っていると、何やらいい匂いが、何か焼いてる音もする。
「晩飯食べましょう」
ホントに嬉しい。
メニューは、元々配られる予定だった白飯弁当、皮を炙ったメジナの刺身、肉料理、ちゃんぽん、ビ○○、日○○、至れり尽くせりとはまさにこのコト、本当に有難い限りです。
船出前に食べたちゃんぽんよりも断然うまい、なにこれ、船長さん料理ウマ過ぎ。
船長さん、ポーターさんが優しすぎて涙出そうになった。
その後、馬場さん水草さん、井上さんなどがよく来てるって話から始まり、主にマグロの話を聞かせてもらった。
クーラーボックスに入らないから、船底にね。
伊豆下田フィッシングのブラックエンジェルが、元はあじかのブラックフィンだったっていう話だとか。
中古価格でうん千万円、新艇だったら億は行くんですと、ひぃ。
伊豆までもってくのに、途中寄港給油しながらずーっと航海してったって。
写真を見せると、内装は変えたみたいだねって、元々は寝られるようになってたから。
こうして夜は更けて行った。
毛布、最高。
船が揺れるのに合わせてチャプンチャプンと船底から聞こえる、ウォーターベットに寝ている様・・・zz。

あっっ!リーダー組まんと!!
a0252304_1494934.jpg







男女群島釣行記三日目
に続きます。











[PR]
by sakanatsurinisshi | 2013-03-06 02:12 | 遠征