桜鱒日和

今回も仲間に大きく助けてもらう形で貴重な一尾を手にする事が出来た。
a0252304_233979.jpg



2012年2月23日(木)。
今時期の日本海は西風の影響で荒れる日が多く、
サクラマスをメインターゲットとする場合は、特に釣行日の海の状況を知る事が必要不可欠である。
今回の釣行は偶然にも凪予報の前日に用事が済んだため、急遽道南まで足を伸ばすこととなった。
約一ヶ月振りに竿を振れるということ、また海の状況もこの上ないこともあり、道中の車内で顔が綻んでいたことは言うまでもない。

また、前回の釣行から約1ヶ月間、新たに用意したルアーや自室でアワビを張ったり手を加えたジグたちの動きを早く見たいという気持ちも強かった。
釣りに行けない日が続くと増え続けるタックル類。
ケースは新たに3つ購入し、出発する当日はあれこれ色々詰めたり出したりを繰り返していた。

万全の準備をし、いざ出発。
目的地は道南、車での所要時間は約5時間。
決して近くは無いが、どうせなら魚影が濃いポイントで竿を振りたい、その結果がボーズならしょうがない、そこがダメなら他もダメだろう、などとブツブツ独り言を呟きながら現地到着。

予報では東よりの風のはずだが、どうも巻いているらしく、場所により風向きは変わる。
しかし、凪、完全にベタ凪。
どう考えても、明日は必ず、出る、と信じながら、ビールを一杯煽り寝袋へ包まる。
耐寒-12℃のシュラフ、これが無かったら車中泊という選択肢はないなぁ、と考えているといつの間にか夢の中へ。


a0252304_242663.jpg


しっかりと睡眠を摂れたので、目覚めはすこぶる良い。
丁度その頃現地の仲間と連絡が取れ、最近の状況を聞く事が出来た。
本当にありがたい限りです。
目的のポイントへ向かうと、やはり、人だかり。
空いてる所を探していると、随分と歩いて来てしまった。
凪で海の変化も分かりづらい。
とりあえず、キャストしてみる。

最初は前回いい思いをしたウミサクラちゃん、思いっきりフルキャスト。
はい、とっても気持ちがいいです。
なんだかココ最近の鬱憤がスパーンと晴れ渡る感じ。
やはり、いいですね。
この場に居れるだけで自分は幸せ者です。

反応ないので、その後はとりあえずローテーション。
ピンク系?緑系?ナチュラル系?ん~まぁ、どれかで当たるだろうと。
買ったばかりのIOカスタム、1投目、着水と同時にリトリーブ開始するが、根掛かり。
丁度ピンポイントで根に当たった様子、一度もその動きを見ることなく殉職、無念のIO。
とりあえず、替えプールがあってよかった。
こんな寒い中でノットなんて組んでられません。

そうこうしている内に段々と日も昇って来て、徐々に帰り始める人々。
その手にはしっかりとお土産を携えて。。。

いるんですね!
あれ、このままノーバイトで終了か、と思った矢先、

ゴン!

っと・・・、乗った?
よし、よし、よしと、うなぎ上りのテンションを抑えつつ、激しいあわせをしないように気持ちを落ち着かせてゴリゴリと巻く。
がしかし、フッ、とテンションが抜け、軽くなるロッド。

あ~。

多分、口切れ。
サイズは40cm未満でしょう。
その時のヒットルアーは自分でアワビ張ったジグ。

a0252304_251464.jpg


これは嬉しい。
細かい部分の見てくれはあれだけど、自分で手を加えたっていうのがポイント。
ジグを作る人たちの気持ち、楽しさがちょっぴり分かりました。
しかし、その後はノーバイトで終了。
腹減った。朝ごはん朝ごはん。

a0252304_3504136.jpg


モサモサと食パンをかじっていると、現地の仲間到着。
今朝の状況を話し、じゃあポイント変えようということで、後に憑いていく。
着いた場所はなんともいい雰囲気。
本気を出す仲間、そして、ゲット、55cmの体高のある立派なサクラマス。
自分も本気を出してみて、キャストを続けていると

ドン!

お、やっと乗った。
今度のは走る走る。
ダーっとあちら側へ行ったかと思うと、ダーっとこちら側へ向かってくる。
その度に、テンションを保つのに必死。
加えて、口切れを恐れてドラグはゆるゆるにしてたので、何度もドラグが唸る。

ジジジー

仲間にやり取りの様子を見られていたのだけれど、終始ニヤニヤしっ放しだったとのこと。
そりゃもう、楽しかったですもの。
前回のサクラマスはとっても諦め勝ちな感じだったので、今回もすぐ諦めるのかと思いきや最後まで力強いファイトを楽しませてくれました。
本当に楽しい。
そんなこんなで無事にランディング。
ヒットルアー、モンスーンブレイカー。
a0252304_273741.jpg



サイズは45cm、1.3kg。
ルアーのテール部分にしっかりと噛り付いていました。
やはり、とても綺麗。
釣りたてはウロコも取れておらず、綺麗です。
a0252304_2102851.jpg



ちなみに、仲間が埋めずに置いておいた一匹、背中部分が鮮やかなブルーに変わっていました。
実物はもっと青かった。
ブルーラn・・・。
a0252304_221532.jpg



その後も順調に追加する仲間。
もう少し南でやっていた仲間も合流し、攻める。
しかし、なかなかアタリ取れず、次第に天候も悪くなり、終了。
a0252304_22151100.jpg





結果、仲間55cm筆頭に5本、60cm55cmの2本、自分は45cmが1本。
今回も腕の差を心より感じました。
しかし、一人じゃないのは本当にありがたい限り。
また、こんな立派な魚を見れるなんて、自分で釣った訳でもないのに嬉しくなる。
そんな思いを共有できる仲間が居ることに心から感謝をしたい。





そして、帰ってから送ってくれた写真。
a0252304_4204863.jpg

釣りの腕だけじゃなくて、写真の腕もあるんですね。
いいアングルです。
しかし、どうしてわざわざこんな形でここにアップしたかというと・・・、

それはまたの機会ということで。
[PR]
# by sakanatsurinisshi | 2012-02-26 04:30 | ショアマス

サクラマスフィーバー

サクラマスが釣れました
a0252304_12342122.jpg






年始に一度行きましたが、仲間達はサクラ3本、アメ1本、自分ノーバイトという散々たる結果
これが腕の差と、まざまざと見せていただき、それから自分なりに色々と準備をしてきました

その後も連日報告され続けるサクラマスフィーバー
多い人だと二桁釣ってるという話
そんな話を聞いてると、居ても立っても居られなくなっていましたが、
予定が詰まっており、なかなか行けそうにもない日々が続いていました
そんなある日、釣り仲間からの出撃報告



『明日、行きます。今晩、出発します。』



思いっきり釣られました。
ガッチリフッキング、バレる心配はなさそうな程。

まさか自分も行くとはギリギリまで思ってなかったので急遽ジグやらミノーやらをケースに
ネオプレーンウェーダーも、年始から干しっぱなしでカラッカラ
そろそろ湿らせたいと思っていたので丁度良いですね
その後、仲間に迎えに来て頂き、現地へ



現地到着、海の状況、ベタ凪
サクラマスのコンディションとしては最高
仮眠を取り、日の出頃、準備を済ませてサーフへ

a0252304_12341642.jpg


寒いです、めちゃくちゃ寒い、氷点下10℃まで行かないまでも、その位の極寒感
海水にも関わらず、ラインもガイドも凍りつきます
ここは真冬の支笏湖か、と言いたくなるほどに

離岸を探すも、ジグが咬むポイントがなかなか見つからず、ランガン
そうこうしているうちに、仲間がヒット、サクラマスをしっかりゲット
おおーと思いながら、リーリングスピードとかを真似ながらキャストを繰り返すと

モサッ

っと自分にもヒット
ゴンゴン引きます、が、すぐに軽くなります
あれ、ついてるかな、っていう位軽くなるので、テンションが掛かり続けるようにリーリング、高速で

a0252304_12341780.jpg


釣れました
人生初、正真正銘のサクラマス
2度目の釣行でゲット、初心者にしては上出来過ぎます
ひとまずこれで一安心

釣れるときこそルアーローテーション
釣れるルアー、パターンなどを探ってみます
数キャストすると

ゴン!

今度は明確で強烈なアタリ
ロッドもしっかりと曲がり、心地よい引きを楽しませてくれます
これはさっきよりデカイ!
と思ったのも束の間、すぐに軽くなるロッド
諦めるのが早いサクラです
しかし、岸際での最後の抵抗は肝を冷やしました

a0252304_12341262.jpg


今度はゴロタの上で撮影
銀ピカ、綺麗なサクラです

この場所ではこれで終了
現地の仲間と合流し、少し場所を移動
移動先で打つと即ヒット
ここでは2本追加
出来すぎです
a0252304_12392333.jpg

a0252304_12395945.jpg





潮の動きもサカナっ気も無くなったので休憩、ゴロタの上でゴロンと横に
天気も良く気温も高くなってきたので、とても気持ち良い
寝不足続きだったのもあったせいか、いつの間にか夢の中へzzz

そんなトド状態で転がっている自分を起こしてくれた仲間
もう行くよー
後から聞けば、遠くから雪球投げて起こそうと思ったけど、
届かなかったから仕方なく雪に埋まりながら近くまで起こしに来てくれたとのこと
ジグ投げたら届いたねーって、投げられなくて良かった・・・

それから、みんなでお昼に
現地の仲間がお昼を用意してくれたとのこと

それが、こちら

ワン・ツー・スリー↓

a0252304_12383843.jpg


至極立派な海鮮丼
ウニ、イクラ、エビ、サーモン、マグロ、ホタテ、ホッキなど、
思いつく限りの海の幸が詰まった夢のような丼ぶり
これを海をバックに食す喜び
感謝してもし切れません
今度お礼をしなくては



お腹を満たし、談笑しますが、みんな目は海に釘付け

『あ、ハネた』

『あ、またハネた』

『あ、また』

『・・・』



『行きますかー!』

ということで後半戦開始



午後の部は、河口近くでやりますが、なかなか渋い
歩いてるとこんなものが
a0252304_12422832.jpg

クラゲ、この時期でもいるんですね



全員ノーバイトだったので、場所を移しますか、と仕舞う準備をしていると
『あ、釣ってる・・・』
移動しようとすると、よく起こる現象
しかし、後ろ髪を引かれる思いで、午前中に実績のあったポイントへ



そこでは、お久振りな方と、ブログ上でやり取りはあったものの初めてお会いする方々が
どうもこんにちはーと通り過ぎようとすると、その方々の後ろには

ピチピチ

一心不乱、暴れるサクラマス
居るんですね!
少し離れたところでキャストすると

コンコンッ

っとヒット!
瞬時、絞り込まれるロッド
しかし、相変わらず、諦めが肝心のサクラマス
スルスルっと抜きあがります

5本目

フック外し、すぐにキャスト
両サイドの仲間も次々と釣り上げます
再度自分にもヒット

6本目

その後もモサッモサッと頻繁に起こるバイト
コンっと来た時に、ここへ来て初めてやってしまった鬼合わせ

うりゃ!

焦りでしょうか、未熟さ故しょうがないのでしょう
恐らく、柔らかい口は分断されてしまったことでしょう
隣では爆笑している仲間
一部始終を見られてしまった・・・不覚

その後も何度かバラし、日も沈んできたので終了

最終的釣果

a0252304_12342021.jpg


サクラマス、6本、最大40cm、650g
写真に写ってる本日のヒットジグ、これで半分以上釣りました
サイズこそ小さいけれども、一日で、しかもサクラマス始めたばかりの自分がこれだけの本数を釣るということは快挙に近い
これも全て、仲間達の存在に他ならない
自分にはもったいない程ツワモノ揃いの仲間達
お陰でサクラマスフィーバーに便乗出来ました

楽しい楽しいお祭り騒ぎ
この祭りはいつまで続くのでしょうか
次はサイズアップ、60cmアップ、3kgアップを釣ってみたいですね



*タックルデータ*
ロッド:シーホーク12H
リール:アルテグラC3000
ライン:PE1.5号
リーダー:20lb
[PR]
# by sakanatsurinisshi | 2012-01-21 14:11 | ショアマス

ショアジギリール

ウェッポン第2弾、リールを購入しました

a0252304_8554155.jpg

ミュートスに装着して、雪をバックに撮影

DAIWA SALTIGA-Z 4500
重量570g 糸巻量PE4号/300m-5号/250m MAXDrag10kg 巻き取り長さ94cm



以下ホームページより
汎用性の高いスペックでオールラウンドに対応。今までの常識を超えたタフさと軽く滑らかな回転性能は、あらゆるシュチエーションにおいても桁違いのポテンシャルを発揮。パワフルかつスムーズな巻き取りは快適なリーリングフィールを体感させてくれる。PE4号=300mの巻糸量は近海ゲームのほとんどをカバーする近海ジギングの決定版。



ロッドは比較的すんなりと決まりましたが、リール選びは考えが二転三転しました


まず、現在使っている05バイオ6000PGとの棲み分けをしたリールが欲しいということ
そこで、稀に掛かると言われる津軽海峡の大物に標準を合わせると、思いつく限りハイスペックのものが要求されることに・・・
実際、跳ねるのを見たことある人や、得体の知れないものが掛かり300mライン全放出で終了という人の話を聞いてると、可能性がないことはないのでしょう・・・


そんな訳で、以下のリールが候補に
キャタリナ 5000    825g PE5/300,6/250 MAX30kg 101cm 64,000円
キャタリナ 6000    825g PE5/400,6/300 MAX30kg 101cm 65,000円
ソルティガ Z5000   825g PE5/300,6/250 MAX30kg 101cm 89,250円
ソルティガ Z6000   825g PE5/400,6/300 MAX30kg 101cm 90,300円
ソルティガ Z6000GT 815g PE6/300,8/200 MAX30kg 128cm 90,300円
ツインパワー12000XG 625g PE5/350,6/270 MAX22kg 121cm 65,000円
ツインパワー12000HG 625g PE5/350,6/270 MAX22kg 126cm 65,000円
ステラ    10000HG 625g PE5/300,6/250 MAX23kg 101cm 110,000円
ステラ    10000XG 625g PE5/300,6/250 MAX23kg 121cm 110,000円

10ソルティガが候補に入っていないのは、カーボン樹脂『ZAION』の強度が心配だったから
ロックショアがメインとなる今の自分のスタイルでは、転んで下敷きにでもなって荷重が掛かって割れるかもしれない、という心配を抱えながら磯には立ちたくないという思いから候補からは外しました
オフショアメインだったら、10ソルは最高なのだろうけど・・・


しかし、決断しきれない幾つかの要素が・・・


まず、ステラ、ツインパについて
SHIMANO製品はドラグの滑らかさや飛距離等、使い心地は最高だけど強度に不安があるらしい・・・
実際、ハンドルが折れたり、GT釣行後にゴリ感が生じたり、という話を聞いていると、どうも手を出すのが躊躇われる
そんなに大きなサカナが来ることは滅多にないのですが、遠征先、しかも大物しか居ない様な状況で、その様な現象が発生してしまったらそこで釣行終了となってしまう
自分にはスペアを買う余裕なんて無い
そうなると、どうせ買うなら強度に定評があるソルティガかなぁ、やっぱ・・・

 
次に、ソルティガZ、キャタリナについて
そもそも815~825gのリールを付けて一日中磯から振り続ける事が出来るのかという心配
現在の05バイオ6000PGでも590g、200g以上重くなる手元
まぁ、その分肉体改造をすれば良いのでしょうけど・・・
また、ソルティガのこのシリーズ、汎用性という点では確実に4000~4500には劣ります
中古で買う際も、出回っている数が少ないからか、価格もそこまで安くはなりません
新品を買う余裕の無い自分には買う時に苦戦を強いられること間違いなし・・・
キャタリナに至っても同様で、中古ではあまりお目にかかる事がない
そもそも使ってる人の話をあまり聞く機会が少ない
DAIWAの5000~6000を買う方はGTやTUNAをメインターゲットとする様な方々で、そんな極限の状況を考えている方々がソルティガよりも強度に不安がある(?)キャタリナを選ぶ訳がない


待て待て、ちょっと待ちたまえ自分
よくよく考えてみると、そもそも北海道で釣れるのは、いわゆるフクラギ(ブリの幼魚)サイズがメイン
そんな中で、上記スペックのリールを使うのは余りにもオーバースペックでは・・・
それだったら05バイオ6000PGとソルティガZ5000の間で、稀に出現するであろう得体の知れない大物もギリギリ相手に出来るリールが自分には合ってるのでは・・・


そんな訳で、巡り巡って最終的な候補として挙がったのがこちら
ソルティガ  4500  570g PE4/300,5/250 MAX10kg  94cm 80,850円
ソルティガ  4500H 570g PE4/300,5/250 MAX10kg 108cm 80,850円


ここで、ハイギヤ(H)にしなかった理由
『リール巻くのは利き手→ハイギヤ、リール巻くのは利き手じゃない手→パワーギヤ』
利き手じゃない方でリールを巻く場合、操作性や力が利き手に比べて若干劣ると考えられるので、パワーギヤのほうが良い時もある様です
自分は利き手(右手)でロッドを持ち、反対側の手(左手)でリールを巻くため、パワーギヤの方が良さそうですね
また、万が一、不測の事態が発生したときのために、巻く力は少しでも強い方がいいだろうという思いから、今回はノーマルギヤを選択
ハイギヤは2台目の購入が迫ったときに考えることにします


また、万が一の為に、替えスプールも格安で購入
a0252304_2245027.jpg


そんなこんな(?)で、来期の青物の準備はこれにて完了
あとはシーズンインを待つばかり
あと半年・・・待ちきれるかなぁ・・・
とりあえず、一度ばらしてオーバーホールしてみようかな・・・
[PR]
# by sakanatsurinisshi | 2012-01-13 08:54 | タックル

ショアジギロッド

ウェッポンが届きました

a0252304_91475.jpg

ZENAQ DEFI MUTHOS 100HH
全長10ft 重量350g ルアーウェイト45~180g


以下メーカーホームページより
ヘビールアーもフルキャストできる強靭なベリー部分、かけてからは一気に勝負に持ち込めるバットパワー。信頼のブランクにゼナック独自のガイド設定やハンドル設計で海外でもショアからの大型GT狙いなど、様々な釣りでそのポテンシャルを証明。



ジグもプラグも、ということでこのロッドを選択
Kガイドでないのが少々不満ではありますが、
振った感じはかなり理想通り、いい感じ

色々な人に相談に乗ってもらい、
色々な人のレビュー・インプレッションを参考にさせてもらった甲斐がありました
どうもありがとうございます

ガイドはそのうちKに付け替えてみようかな・・・
そんなこと自分にできるのかな・・・



ちなみに、緩み防止のロックナット付きだということに気がついたのは、
買ったリールを着ける時でした。。。
a0252304_222153.jpg




その他の候補に挙がっていたロッドたち
ZENAQ        ミュートスDuro100H                40-160g   330g  55,000円
ZENAQ        ミュートス100H                   35-150g   338g  47,000円
ZENAQ        ミュートス96HH                   50-210g   377g  48,000円
PALMS        ブルービジョン103XXH              60-150g   337g  39,900円
DAIKO        タイドマークロッキーショア TMRSS-93/14   80-150g   330g  80,000円
YAMAGA Blanks ブルースナイパー95H JIG SPECIAL        -150g   333g  47,250円
YAMAGA Blanks ブルースナイパー106P                 -150g   382g  50,952円
MCWORKS     レイジングブル100XR-2              80-150g   390g   50,000円
AIMS         ブルーアロー100HH                  -130g         72,450円
ZENITH       ストームライダー 烈火95HHH            -160g         38,500円



130gは背負えるロッドということで探してましたが、列挙すると大体こんな感じですかね
ミュートスシリーズが並んでるのは、ミュートスをメインで考えていたため
多少数字書き間違えてることあるかもしれませんが、その辺はご愛嬌ということで

次に買うとしたらロッキーショアかなぁ
いやSTORM RIDER烈火BANBA CUSTOMかもしれない
いやいやレイジングブルも捨てがたい



さて、あとはリールをどうしようかな
[PR]
# by sakanatsurinisshi | 2012-01-09 22:06 | タックル

プロフィール

北の大地、北海道にてショアジギロッドを振り回しています

2011年までamebaでブログやっていましたが、
2012年、心機一転するためにexblogに移転してきました
以前のブログはこちら→サカナツリ日誌




右も左もよく分からずショアジギを始めた当初のタックル
SHIMANO GAME AR-C 906
SHIMANO ULTEGRA C3000

現在持っているタックル
SHIMANO COLTSNIPER S906MH
SHIMANO BIOMASTER 6000PG

その後、追加したタックル
ZENAQ DEFI MUTHOS 100HH (2012.1.9)
DAIWA SALTIGA-Z 4500 (2012.1.13)

当初のタックル、AR-Cは、最大負荷42gにも関わらず、速い潮流に抵抗するためジグウェイトを増やしていき、最終的に55gのジグをフルキャストした時点で、バキッと・・・
(その後、ディアルーナS906M、シーホーク12Hをアメマス・サクラマス用に購入)
折ったのが400km離れた遠征先、悔しくて現地調達でコルトスナイパー
その時は釣れなかったけど、その後に何とか満足のいくサイズはゲット→56cm
こうしてドップリとこの世界に浸かってしまい、また新たなタックルを買うのでした・・・



釣り自体を始めたのは2010年9月からで、それからというもの
エサを使ってブラーや投げ釣りで、アブラコやソイなどの根魚やカレイなどを釣り
サビキで、チカやホッケなどを釣り
ロックフィッシングで、根魚やヒラメなどを釣り
スプーンなどの浮きルアーで、カラフトマスや鮭を釣り
そして、現在のショアからのジギングやプラッギングへと順々に移行してきた感じです
なので、基本的に初心者
それを踏まえた上で当ブログを読んで頂けると幸いです


また、直接連絡を取りたいという方がいらっしゃればこちらへお願いします
sakanatsurinisshi@hotmail.co.jp


よろしくお願いします!
[PR]
# by sakanatsurinisshi | 2012-01-01 00:00 | プロフィール