「ほっ」と。キャンペーン

男女群島釣行記三日目

男女群島釣行記二日目の続き

『大物ファイトのツケ』
朝の4時頃、船のエンジン音で目が覚める。
昨夜は結局、リーダー組んでたら12時を越えてしまい、急いで寝ないとっと思いながらもウィスキーをクピクピ飲んでいた。
なんか、停泊している船で寝るのが初めての体験で、楽しくて楽しくて、ついつい深酒をしてしまった。
しかし、今日はもう始まっている、寝不足?、3時間も寝れば十分じゃんね。
眠い目を擦ってボケーっとしてると、船のエンジン音は大きくなり、揺れが大きくなる。
「もう出発してる、急がないと」
と起き上がろうとする意思に反し、身体が動かない。
「あれ?」
身体が・・・、動かない。
昨日の一日中続けたキャスト、恐らく主にファイトで身体を酷使した反動が、これ、全身筋肉痛。
特に胸鎖乳突筋、僧帽筋、広背筋、上腕二頭筋、同じく三頭筋、あと大腿部の各筋、もうバッキバキ。
行く前に、主に大物とのファイトを想定したトレーニングをしばらくしていたにも関わらず。
シミュレーションはあくまでも仮想的空間で行われるもので、実フィールドとは似て非なるものであるということを改めて感じた。
でも、やってなかったらもっとひどかったね、きっと。
ビキビキで動くたびに全身から聞こえる筋肉の悲鳴、これはとっても・・・心地よい。
多分、この釣りをしてて、そういう風に感じる人って多いんだろうね、ね!
そんな重い身体を引きずるようにして荷物をまとめデッキに出た。

外に出るとすでに、磯に船をつけて弁当を配っている最中であった。
その時に、磯替わりを希望する人は荷物全部持って船に上がる。
中には、デカイのに切られ過ぎて、もう切りあげるおっちゃんも居た。
「もうやめやめ、あんなデカイのばっか掛かったら話にならん」
流石は男女、釣り人の心を意図も簡単にへし折ってくれる、だからこそ燃える人が多いのだろう。
基本的に釣った魚はドンゴロスに入れて気化熱で冷やしておき、このように船が回って来たら船に一度上がって自分のクーラーボックスに入れる。
魚が入ったクーラーボックスには、後で船長さんポーターさんが氷を入れる。
ここまで、自分は魚をキープしていないので、もちろんクーラーボックスは空っぽで軽い。

あじかは1泊2日(実質2泊3日)便しかないので、2泊3日をする場合は次の日の便に乗せてもらうことになる。
荷物は後で乗せ換えてもらうので、やっぱり名前は必須。
自分の場合は、クーラーボックス(笑)なので、荷物全部持って上磯することになる。
従って、ヘリオスの船長さんポーターさんとはここまで、ホント色々とお世話になりました。
昨夜の話では、どこへ乗せようねぇって言ってたけれども、あの、テレビ(正確にはYoutube)で見た『帆立岩』に乗せてもらうことに。
やばいやばいやばい、ワクワクが収まらない、あの磯に乗れる、やった、やった。
船は女島周囲の磯で弁当を配り終わった後、帆立へと面舵?取り舵?暗くてどっち向いてるかよく分からんけど、とにかくいっぱい!
a0252304_036262.jpg






『釣りロマンで見たあの磯へ』
事前に唯一名前を知っていた磯、帆立岩に上陸。
釣りロマンで男女群島の放映を知り、その日楽しみにしていたのだが、普段テレビを見る習慣の無い自分はうっかり見逃してしまった。
その時の絶望感といったら・・・もう(´・ω・`)
その後、Youtubeでアップされているのを見つけ、狂喜乱舞、何度も、何度も食い入るように見たあの帆立に、今自分は立っている(`・ω・´)
その風貌は、画面で見たまんま、ポツンと切り立った磯が立ちはばかっている、まっ暗だけどね。
目線の高さに打ちつけられているアンカーボルトにロープを結び、オーシャンベルトと繋ぐ、落ちたら引っ張ってくれる人いないしね。
上磯する前にもらった弁当を暗いうちに食べようと思い、レトルトカレーを湯煎する。
と、その時、ヘッドランプのバンドが外れた。
暗い中でなかなか取りつけられない、どうしよう・・・。
焦るこたぁない、もう一つのヘッドランプを装着して、照らせばバンドを付けれるじゃない。
予備を持ってくるのが、電池切れや紛失のためだと思っていたら、思わぬところに伏兵が隠れていた。
まぁ、今考えたら、iPhoneのライトで照らしながらでも別によかったじゃんねって思うけど、その時は一瞬絶望感・安堵感に打ちひしがれていた。
ってか、交換でいいじゃんね、でも、もう一個のはデルタピークで重いんだもん。
そんな茶番を独りで繰り広げながら、湯がグツグツと音を立て始めたので、レトルトカレーを取りだし、さっそく弁当に掛けてみる。
「(*゚∀゚)=3」
これは、旨い!
100均で買ったレトルトだったけど、今まで食べたどんな名店のカレーライスよりも旨い。
船長さんが炊いたご飯も旨い。
これが『男女deカレー』、か。
ガツガツとカレーをかき込み、コーヒーを入れる、すする、まさに至福のひととき。

そうこうしているうちに、ぼんやりと辺りがうす明るくなってきたので、早速プラグをキャスト。
面白いように流されていく、1m/s程度、時速に直すとだいたい4km/h、人が歩く速さ。
100m流し、引く、150m流し、引く、200m流し、引く。
色々と流してみて、これだと思う動きを見せるルアーでしばらくやる、リップスライド。
100m以上流して、引くこと数回、ピックアップ直前、足元で、
「ボゴン!」
デカイ水柱と共に、ヘミングェイを通じてその凶暴な衝撃が、手に、腕に、身体全身に伝わる。
来た、マサだ。
そう考えるより先に、身体が反応した、合わせを入れる。
それから、すぐさまグリップエンドをオーシャンベルトに当て、戦闘態勢に。
今度は負けられn・・・フッ。
フックアウト。
クソォーーーーヽ(`Д´)ノ
一気に急上昇した心拍数、高鳴った鼓動、息切れして肩で呼吸する身体は、戦う準備は万端だったんだけどねって自分に言っている様だった。
悔しい、ハァハァ。
回収したルアーのフックには、何故だかフジツボが貫通している。
このフジツボがあれだけの突っ込みを見せる訳もなく、まさかマサがフジツボに食われた訳でもあるはずないない。
もしかしたら、これが深くフッキングするのを阻止していたのか・・・などと考えながら、外すのに手こずりながら、ポイッと。
それからしばらくトップでやるも、散ってしまったのか、警戒心が高まったのか、当たりを得られずにミュートスに持ち替えた。

今回ミュートス・ソルティガはジグ専用、昨日の教訓でドラグは10kg程度に締めあげる。
これ以上締めたら折れちゃう、気がする。
100gで、主にボトムを攻める。
が、しかし、底になかなか着かない、1分、2分、3分・・・。
怖くなって、途中からワンピッチ、ツーピッチ。
グリップエンドを最初からオーシャンベルトに当て、おっさんジャークスタイルで。
いち早く全力で浮かせる為に、最初から臨戦態勢で。
数投、四方にキャスト。
2時の方向から、またもやピックアップ直前、足元から10m程度離れラインが刺さっている位置で、もさっとしたアタリ。
それから、瞬時にティップが絞り込まれ、ついにはバット部分が折れそうなほど曲がる。
ググーッと強烈な引き、渾身の合わせを2度3度入れ、戦闘開始。
ひたすら潜るのに対し、ひたすらゴリ巻く。
ミュートスが有り得ないほど曲がる、微かにドラグも出る、しかし、そんなことはお構いなくただ、ひたすら、巻く。
例え折れても構わない、こいつを仕留められれば。
ガンガン巻き上げる。
あと少し・・・。
すると、もう姿が見えそうなところで急激に突っ込む。
マズい、このままだと足元の岩場に摺る。
どうする、耐えるか、しかしもう昨日の轍は踏みたくない、と思い、ベールフリー・・・、そのまま、フックアウト。
膝から崩れ落ちる。
「くぁwせdrftgyふじこlp;@:「」」

ヘミングウェイに持ち変え、ローデッド。
フルキャストした先、チョンチョンっと2~3度アクションさせると水柱が立つも掛からず。
その後はまったく音沙汰無し。
潮の流れが逆になった

昼飯に豚骨ラーメン。
弁当出ないのは今日と明日の昼。
食料があまり気味なので替え玉で食す。
足元を見ると、クロが泳いでるのが見える。
赤い小魚も沢山、なんだろう、サビキを落とすも釣れず、なんも釣れない、悔しいのう悔しいのう。
昼の見回りでブラックカイザー、帆立岩での続行意思を表明。
「次来る時(夕方)は荷物まとめとかんといかんですからね~」了解です。
ジャケットのチャックを締めようとしたら、Rivalleyって書いてあるタグが取れた。
その後、手を変え品を変え、色々試すがアタリ無し。
夕方近く、潮の流れも今朝と同じ方向に戻る。
風波も立ち、雰囲気十分、気合十分だったのだが、音沙汰無く、タイムアップ。
船に荷物を乗せ、「船に泊まらせてください」。
スピーカーから「了解~」と聞こえた。
a0252304_0371366.jpg

a0252304_0371629.jpg

a0252304_0371860.jpg

a0252304_0372218.jpg

a0252304_0372576.jpg

a0252304_037305.jpg

a0252304_0374110.jpg

a0252304_0374774.jpg

a0252304_0375681.jpg






『2回目の船泊』
この船には韓国の人が多数。
ライフジャケットの後ろにハングル語で何やら書かれており、その下に「Field tester」の表記。
別の人は、2~3kgは入っていそうなキムチの大きな袋を手に、上磯。
長い夜のお伴なんですね。
そうやって、自分以外の全員を夜釣りポジションに磯替え&弁当を渡し、昨日と同じワンドに入る。
錨を下ろし、停泊。
違う船、寝床は適当に空いてる所へ。
横たわると一瞬にして意識を失った。
目を覚ますと、「ご飯できとるよ~」と船長さん、すいませんありがとうございます。
本日の晩御飯は、スキ焼き的な料理と、昨日と同じくクロの刺身、クロの白子、魚入った味噌汁、○ー○、○本○(○)
特に、クロの白子、初めて食べたけど、メチャウマ。
「好き嫌い分かれるけどね~」
ニンニクみじん切りしたやつを乗せてワサビ醤油で食べるのが通?これが旨かった。

んで、今日も馬場さんの話。
馬場さんがいい人だって言う話や、高橋さんの釣ったカツオが美味かったっていう話など。
カイザーの船長さん、高橋さんが乗船したときにポーターとして乗っていたらしく、間近で釣るのを見ていた模様。
帰港後、高橋さんは次の収録に直行しなければならなかったみたいで、魚は全部置いてったって。
で、カイザーの船長さんはカツオをもらって、帰って食べたみたいなんだけど、あんな旨いカツオ食った事なかったと。
身を切ると包丁が脂でギトギトに、醤油に付けると皿に広がる脂、もう旨いのなんのっていう話でこの日の夜は更けていった。
あー、あと、マグロは大体、沖赤瀬や鮫瀬、帆立岩で釣れてるって話も聞いた。
今日居た韓国の人達はツアーで来てるんだって。
そういえば、一人荷物を率先して積み下ろしてたり、韓国の人がいる磯に弁当渡す時、通訳やってたっけ。
あの人が添乗員的な感じなのね、最後降りるときキムチ持ってったけど。笑
他にも色々と話をお聞きしたけど、それは伏せとこっ。

「明日はどこに乗せようかねぇ~」、「え、イクラ送ればいい磯乗せてもらえるんですか?!笑」
特に鮫瀬に乗せる事について、色々としがらみが多いことを聞いた。
その中でも、船長さんは、「こう、若い人をね、鮫に乗せた時のあの喜び様、あれはホントいいよね、若い人に頑張ってもらいたいよね」。
この船長さん、アツい。
そうこう話しているうちにポーターさんは寝床へ。
未開封だった○○○もほとんど空。
この船長さん、強い。
自分そろそろ限界っす、お休みなさいませ。
リーダーを組み直し、就寝。
明日は泣いても笑っても最後、頑張らなきゃ。
a0252304_0405937.jpg

a0252304_041265.jpg

a0252304_041748.jpg







男女群島釣行記四日目
に続きます。











[PR]
by sakanatsurinisshi | 2013-03-09 00:46 | 遠征


<< 男女群島釣行記四日目 男女群島釣行記二日目 >>